スタッフブログ

イメージシート(^_-)-☆

 こんばんは、スーパーサブの坂根です(^^♪

 今年も後10日(^^ゞ 年の瀬ですねぇ…(^^ゞ 

 

 さてそんな中、先日上棟したY様邸にイメージシートを取り付けに行って来ました(*^_^*)

 午前中に取付けを予定していたのですが、時雨れる天候だった為に結局午後からの取付になり、写真は逆光で少し見えにくいですが、市道(多分…(^^ゞ)からはバッチリと見えます(*^_^*)

 

 このイメージシートも来年には、ロゴマーク入りの新しい物に刷新される予定ですので、楽しみにして下さい(^^♪

 

 先日現場から会社に戻る途中に「こうのとり」を見かけたので、思わず停車をして撮りました(^_-)-☆

 この「こうのとり」ですが、かつては日本全国に生息していたそうで、江戸時代には浅草あたりでも営巣していたという記録もあるそうですが、明治の中頃から急激に減少し、1956(昭和31)年には、特別天然記念物に指定されたそうです(^^ゞ

 そして1971年に日本で最後の「こうのとり」が兵庫県豊岡市で絶滅したそうです(>_<)

 

 この様な状況を受けて、コウノトリの保護増殖活動が展開され、1989年には、当時のソ連から贈られたペアで飼育し繁殖に成功し、2002年には保護下での飼育数が100羽を超えたそうです\(^o^)/ 

 2005年から野生復帰を目指した放鳥を開始し、各地で見かける機会が増え、今回の様なシャッターチャンスになったと思われます(^^♪

 ヨーロッパでは「赤ちゃんを運ぶ鳥」という伝説が知られていて、他にも「一家に幸運をもたらす」やドイツでは、コウノトリが家の上を飛ぶのは赤子が産まれる前兆であるとも言われているそうです(*^_^*)

 

 日本では、埼玉県鴻巣(こうのす)市氷川神社(ひかわじんじゃ)や岡山県倉敷市琴浦(ことうら)の八幡宮(はちまんぐう)は別名を鴻宮(こうのみや)といって、コウノトリを神に祀ったと伝えられているそうです\(^o^)/

 まだまだコウノトリに関する話はあるのですが、今日はこれくらいにしておきます(^^♪

 

 

 さてこの様に縁起のいい、コウノトリを見た私にはどんな幸運が待ち構えているんでしょうかねぇ…(@^^)/~~~